非常時備蓄は時々点検をしながら準備をしておきましょう!

2013年11月25日

ペットのための非常時備蓄

非常時備蓄品は何も人間のためだけにするものではありません。

家族の一員として
大切にされているペットのためにも準備してあげましょう。


でも
ペットのための非常時備蓄品って どんなものがあるのでしょう?


調べてみると
以外とたくさんあったので紹介します。


まず、えさと飲み水です。
そしてそれを入れる入れ物。

ペットのための緊急時の食料品も
最低一週間分は予備の器と共に用意しましょう。

缶詰を食べれるペットなら、
賞味期限をチェックした上で準備しましょう。
カリカリフードは割と保存が利きます。


次に準備しておきたい備蓄品は
ペットのための避難用具です。


ケージ、クレート、キャリングケースなど、
一匹につき一つは必須。

災害時には避難のために大勢の人と一緒に動くことになります。

他の人たちの迷惑にならないようにするためにも
普段から練習させて備えておきましょう。

吼えやすい犬をお持ちの場合には
口輪を準備しておくことをオススメします。


最後に
首輪やケージには
ペットの名前と共に、飼い主の名前と連絡先を記入しておきましょう。

マイクロチップを入れているペットなら、その旨も明記しておきましょう。
災害時には混乱の中で
ペットが逃げ出してしまうことも考えられます。


もしペットとはぐれてしまっても
飼い主の名前と連絡先さえ分かれば
保護されたときの対応がスムースに出来ます。


愛するペットのためにも
非常時の対策は抜かりないように準備しておきましょう。





posted by 非常時備蓄アドバイザー at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 非常時 備蓄 ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。